【天の声】身の丈を知れば幸せに暮らせる

TRANSLATINO
ありがたい言葉

先日棚に置いてあるものを取ろうとして背伸びをしてみました。

総裁は背伸びすれば届くと思ってましたが、もうちょっとの所で届きません。

それどころか、背伸びをしたせいで足の筋が痛くなって泣きそうでした。


踏み台を持ってくるのが面倒だから背伸びしたのに。

ひどい目に遭いました。

そんな総裁に【天の声】が慰めの言葉をかけてくれました。


どういう風の吹き回しなのか「優しい言葉」をかけてくれる【天の声】がうれしいので、みんな幸せに暮らす会の皆さんに教えてあげようと思います。

それでは【天の声】をどうぞ。

手を伸ばしても届かない

背伸びしても届かない

そんな時は「自分の身の丈」を理解せよ

「どこまでなら手が届くのか」を理解せよ

身の丈を超えて無理をすれば

必ず痛手を負う

身の丈に沿った行動を心掛ければ

万事無難にうまくいく


ついつい背伸びして足を痛めた総裁。

これからは無理をしないことにします。


最初から届かないとわかっているのに、背伸びしてもムダ。

自分が痛い目を見るだけです。

これからは背の高い人を10円で雇って肩車してもらいます。


世の中には「身の丈」を知らない人がたくさんいます。

背伸びして豊かな暮らしを追求する人もたくさんいます。

【天の声】は「実力を超えて無理するとひどい目に遭うぞ」とおっしゃっています。


肉体的な実力だけでなく、経済的な実力、学力など全ての「実力」を過信してはいけなません。


体力がないのに無理をすれば体調が悪くなるでしょう。

庶民なのに派手な買い物をしていると破産するでしょう。

数学3点なのに大学行きたいと言っても無理でしょう。


身の丈に応じたことをすれば基本的にうまくいきます。

もしも身の丈に合わないなら、身の丈に合うように努力することです。


体力も経済力も学力も、努力次第で高めることが可能です。

こうした努力を積み重ねれば理想に手が届くようになるのです。


基本的に大多数の人は「庶民」です。

そして、大多数の人は「血のにじむような努力」と無縁。

努力なしに「身の丈」を伸ばすことはできません。


キラキラした世界に憧れて身を滅ぼすことがないように、身の丈を正しく知ることが大切です。

もしかしたら、すでに目の前には十分な幸せが転がっているかもしれません。

コメント